雑感、2冊目を出してみて感じたこと。

無事、2冊目の出版が終わりました。

1冊目よりはスムーズにいったところもありますが、

新な課題もいろいろ見えてきました。

3冊目に活かしていこうと思います。

1冊目、2冊目は、いつか書こうと思っていた

ストーリーです。

既にわたしの中で言葉になっていました。

構成もある程度出来ていました。

だから、それほど大変でもありませんでした。

でも、これでわたしの中の言葉は空っぽになりました。

最近、何故か気が抜けたように感じるのは、

そのせいかもしれません。

落とし物や忘れ物が多く、

ぼんやりしていることが多いのです。

3巻目、4巻目のテーマはうっすら決まっていますが、

具体的な言葉にはまだ成っていません。

でも、今ある想いを外に出さないと、

次の想いは出てこない。

これはライティングセッションで、

いつもわたしが言っている言葉。

今あった想いが

「ときのまにまに」や「紅蓮色の情熱」という形になって、

ようやく外に出た、

だから今は次の想いが言葉になりたがっているのを、

わたしは待っているのだ。

そう思います。