自己責任について、どこまで考えていますか?

新型コロナウイルスの影響で、

週末は外出自粛要請が出ている。

大規模なイベントがあちこちで中止や延期されている。

でも、街は通常より少ないとはいえ、

それなりに人通りはーある。

お店もそこそこ混み合っている。

多分自分たちは大丈夫という、

無責任な自信があるからだ。

あるいは自分たちには関係ないという、

無責任な他人ごとだからだ。

自分たちは病気にならない、

自分たちの周りに病気の人はいない、

だから、自分たちはであるいても大丈夫。

そういう安易な責任感、

無責任な自己責任が、どれだけの感染をもたらしているのか。

そして、「自分だけは大丈夫」というウイルスに、

感染されている人たちは、

なんて多いのか。

新型コロナウイルスの数なんて比ではない。

新型インフルエンザも凌ぐほどである。

今、わたしたちが直面している問題。

それは新型コロナウイルスではない。

わたしたちは大丈夫だから、という無責任な自己責任を捨て、

わたしたちの身に起きていることだ、と自覚すること。

自分が感染しなくても、誰かを感染させることもあると自覚すること。

それが本当の意味での自己責任だと思う。

そしてそれが、新型コロナウイルスから、

自分たちを守ることになるのだと思う。