生きるということ

生きるということ。

それは今、このときを大切にすることだと思う。

何故なら、わたしたちは明日の命はわからない。

コロナではなくても、

病気ではなくても、あのワニのように、

100日後、いや明日命が終わるかもしれないのだ。

それは明日がないって意味ではない。

明日を考えるなって意味でもない。

わたし自身、明日があるから今日を生きてきた。

どんなに辛くても、

キツくても、明日はきっといい日だ!

と信じて頑張ってきた。

今ある時間は明日に続く。

でも、その明日は永遠には続かない。

誰にでも、何にでもいつか、必ず終わりが来る。

今、目の前にあるものも永遠ではなく、

今、この時間も永遠ではない。

どんなカタチであれ、必ず終わりがくる。

それを忘れなければ、

見えない恐怖に怯えることはない。

また、自分は大丈夫と過信することもない。

ただ、今ある自分を見つめ、

暮らしていく日々の中で、

今、目の前にあるものを大切にすればいい。

今いるこの時間を大切に過ごせばいい。

それが生きるということだと思う。

前の記事

みんな戦っている