薄っぺらい言葉はいらない

薄っぺらな言葉はいらない。

毎日戦っている人がいるのに、

薄っぺらな言葉はいらない。

今苦しんでいる人がいるのに、

薄っぺらな言葉はいらない。

ただ「大丈夫」とか、

(どんな根拠で?)

ただ「がんばろう!」って言葉だけでは、

気休めにもならない。

そんな言葉を聞いて、

誰が救われるのだろう。

まだ、

「ニンニク食べて、免疫力をつけよう」とか、

「規則正しい生活していれば大丈夫」の方が、

よほど心地好い。

今、最前線で戦っている人たち、

今、自分の中のウイルスと戦っている人たち、

今、家族のために頑張っている人たちの苦しみや辛さ、

それは私たちにははかりしれない。

だから、今私たちがすべきことは、

一人ひとりが自覚して、

せめて足を引っ張らないことだ。

邪魔をしないことだ。

責任ある行動をとることだ。

最近のSNSを見ながらこんなことを考えている。

前の記事

生きるということ

次の記事

自分の見つめ方