失っても、なお得るもの。

新型コロナウイルスは、

命、健康、仕事、そして行動と、

わたしたちから多くのものを奪った。

そして、いまだ衰える様子も見せもせず、

今度は優しさやゆとりなど、

わたしたちからまた多くのものを奪おうとしている。

悪魔の話を聞いたことがある。

悪魔は直接悪さはしない。

人々の心の弱さをついて、

人々を悪へ誘うという。

これは、今の状態と同じではないだろうか。

そして今回のウイルスのもたらす危険は

わたしたちの心の中にあるのではないだろうか。

自分の身を守ることだけに奔走する人たち。

自分たちさえ困らなければいいと、買いだめをする人たち。

自分たちさえ、感染しなければいいと、

感染した人たちを拒否する人たち。

自分たちは感染しないという慢心で動き回る人たち。

通常時は、わたしたちはモラルを持って生活している。

でも、一旦非常時になると、人はどこまでもエゴに走る。

人としての矜恃はどこへ行ったのだろうと思う。

でも、これが人の持つ弱さゆえであるのなら、

それを責めることも出来ない。

でも、このウイルス戦争に、再び人類が勝利するためには、

勇気を持って、自分の弱さと立ち向かうこと、

不安や恐怖から目を逸らさずに、しっかりと足元をみること、

人の持つ優しさと友愛を信じ、今は耐えること、

これしかないと思う。

そうすれば、いつかコロナが収束したときに、

わたしたちは、きっと大きなものを得ることが出来る。

そう信じている。