散歩道で気付いたことー「忘れかけていた風物詩」

新型コロナウイルス影響で、

いろいろなことがリセットされつつあると感じているこの頃、

自分自身も原点に戻ろうと、

いろいろ試みている。

そのうちのひとつが家周りのウォーキング。

住宅地はもともと人通りがなく、

密になりようもない。

初夏のような日差しのなか、

田んぼに水が張られていた。

そう言えば、毎年、ゴールデンウィークの頃から、

田植えの準備が始まるのだ。

休業、自宅待機の日常の中で、

時間が止まっていると、

いつの間にか錯覚していたことに気付く。

全てがリセットされるわけではない。

変わらずにあり続けるものもまだまだあるのだ。

人のいない住宅展示場にも、

今日から大きなこいのぼりが飾られていた。

それは、どの家の屋根より高く、

風に泳いでいた。

どこにも行けない、

子どもたちのゴールデンウィークを応援する

旗のよう思えた。

昨年までは気付かなかった風景、

もっと周りを見てごらんよ。

時にそう教えられている気がしている。