行動も淘汰されている。

新型コロナウイルスの影響で、
行動に制限がかかっている今、
行動も淘汰されている気がしている。

無駄なものがどんどん、削ぎ落とされ、
必要なものだけが残っていく、
そういう気がしている。

必要なものだけ買いに行く。
会いたい人とだけ会う。
やりたいことに意識を集中出来る。
惰性でやってきたこと、
慣性でやってきたこと、
習性でやってきたことは、
全てリセット。

この制限の中で残ったものだけが、
ホンモノなのではないだろうか。

今まで、時間がないことを理由にしてきた、
どうしても手がつかないこと、
どうしても気が乗らないこと、

例えば積んである本
取り寄せた教材、
解きかけパズルなど、
全て無用なのものなのかもしれない。

コロナの霧が晴れる頃、
わたしの世界はきっとシンプルになっている。
それは断捨離なんて生やさしいモノではない、
モノも、行動も
必要なモノしか残らない。

そういう世界になっているかもしれない。