当たりまえのことなんだけどね。

最近、家の周辺で住宅工事が盛んに行なわれている。
陽気な話し声や、打ちつける音で賑やかしい。
日に日に家の形を為していくの面白い。

特に屋根が付いてからは、
進み方も早くなる。

一番時間がかかっているのは、
やはり土台なのかもしれない。

確かに、いくら上物が立派でも、
土台がしっかりしないと、
崩れてしまう。

柱だって、真っ直ぐ立っていなければ、
家が傾いてしまう。

当たり前のことだ。

そして、それはわたしたちの活動にもいえる、
当たりまえのことなのだ。

でも、この当たり前のこと、
案外自分では気付いていない。

自分という土台がしっかりとしていないのに、
スキルや知識という重すぎる上物で、
自分が傾いてしまっていることもあるのだ。

あっという間に崩れてしまうこともある。

だから、
新しい知識やスキルを取り入れながら、
しっかりと自分の土台をしっかりと確認し、
強化していかなければならない。

でも、自分の土台ってなにだろう、
自分の基礎ってなにだろう。

それを考えることをが、内省ではないだろうか。

お昼ごろになると、
工事の音は静かになる。
休憩時間には、笑い話も聞こえてくる。
外で働く彼らには、
コロナも3密も関係ないのだろう。

コロナが収束を迎える頃には、
新しい場所で生活を始める人もいるのだ。

これも、当たりまえのことなのだと思った。