決断のときかも。

決断のときかも。

新型コロナウイルスの影響で、
わたしたちの生活は大きく変わった。
ステイホーム、テレワーク、オンラインなど、
仕事の在り方、
コミュニケーションの在り方も大きく変わった。

コロナが収束するまで、
緊急事態宣言が解除されるまで、
そう思い、急場を凌いできたけど、
そうじゃない。

わたしたちは、
ウイルスという、目に見えない脅威を
知ってしまった。
そして、それはまだ未知の世界であることを知った。
例え、コロナが収束したとしても、
新たな脅威があるかもしれないと知ってしまった。
もうマスク無しでは人混みを歩けないだろう。

そろそろ、今回の緊急事態宣言の期限も近づいている。
延長あるのかないのか、世間も騒がしい。

わたしたちも決断を迫られている。

解除されたとして、これからの生活をどうするのか。
全て元に戻し、今まで通りに暮らしていくのか、
延長されたとして、また期間が過ぎるのを、
ただ待つのか。

今できることを、今だから出来ることへ、
今だから出来ることを、これからも出来ることへ、
発想や行動を大きく変えていく、
その時期ではないだろうか。

決断をしないで変化は得られない。
そして継続出来る変化が進化だと思う。

今こそ決断のとき。
「何を決めて何を断つのか」
それとも
「断つことを決めるのか」

わたしも、自分自身に問うている。