これまでのステイホーム、これからのステイホーム

大型連休が始まっていますが、

新型コロナウイルスのための外出規制が続き、

また、もともとテレワークなどで、

連休だったので、あまり変化がない日を過ごしています。

そしてこの状態がいつまで続くのか、

全くの見通しがつかない状態にあります。

不安や諦め感が蔓延してくると、

モチベーションも心の温度も低下してしまいます。

だからこそ、この連休は、

これまでのステイホームとは違った気持ちで

しています。

これまでは、自分に戻る内省、

今の自分を見つめ、

今だから出来ること、

今しか出来ないことを中心に考えてきました。

不要不急の外出を控えるのにあわせ、

不必要なモノも想いもどんどん捨ててきました。

でも、この連休はこれからの準備を進める時間です。

必要なモノを取り入れる。

必要なモノのための準備をする。

必要とは、必ず用いるもの。

必ず要となるものです。

この先まだウイルスによる影響が続いても、

また、ウイルスが急速に収束し、平時に戻ったとしても、

あるいはこの先、更に未知のウイルスが蔓延したとしても、

自分の活動やサービスを滞りなく行うためには

何が必要なのか。

これからのステイホームで、それを考えていきたいと思います。

わたしの場合、必要なものがほとんど足りていない。

今できることよりも、

今のうちにしなくてはならないことの方が多い状態です。

何をして過ごそうかなーなんて、

悠長なことを言っている場合では、なかったりします。

でも、これに気付けたのも、

これまでのステイホームがあったからこそ。

いつまで続くのかはわからないこれからのステイホーム、

より好い明日へと繋がる時間にしていきます。