変わっていくことと、変わらないことと。

ウィズコロナ時代の過ごし方として、

新しい生活様式の指針が発表された。

これを受けて、好くも悪くもSNSや世間が騒がしい。

内容をみていると、

ほぼほぼ、この1ヶ月の過ごし方だ。

正直、なーんだ、と思う。

当たり前のことだよね、って思う。

だって、もう多分、ウイルスは無くならない。

無かった頃には戻らない。

ワクチンが出たって、

治療薬が見つかったって、

感染するかもしれないし、

誰かに感染させるかもしれない。

インフルエンザだって、

風邪だって、

麻疹だって一緒だ。

もう、コロナウイルスというものが世に出てしまった。

だから、そのことを踏まえて生活するのは当たり前のことなのだ。

でも、それはウイルスだけではない。

わたしたちは、スマートフォンがない時代には生きられない。

テレビや電話がない時代を知っている世代でさえもそうだ。

好くも悪くも、新しいものが入ってきたら、

なかった頃の時代にはもどれないのである。

そうしてわたしたち人類は社会を作り上げてきた。

それは今も続いているのだ。

これからは

社会的距離、

外出時のマスク着用、

入店前後の消毒などが、

当たり前の社会のマナーやエチケットになっていくのかもしれない。

その中で変わらないものもある。

それは自分の中にある価値観だ。

本当に大切に思っていることは何なのか。

本当に守りたいものは何なのか。

本当に信じられるものは何なのか。

思えばこの1ヶ月も、それほど大変でもなかった。

オンラインでセッションも出来た。

友達とも会って話せた。

いつもより多い休日を過ごしていた感覚だ。

オンラインでもリアルでもやっていることは変わらない。

いつでもどこでも、友達たちと語り合うことは出来る。

そして、指先一つで、このブログを書いている。

わたしの生活様式は、これから変わらない気がしている。