ときのまにまに 草稿③「星の王子さま」で思う、本当に人が求めているもの。

本当に人が求めているもの。

自分は何を求めているのだろう、
自分は何を探しているのだろう、

何を手にすれば満足するのか、
何を見つければ、満足するのか、

人は誰でも、何かを求めて生きている。

わたしもずっと求めて生きてきた。

幼いころは物語の中に行きたかった。
だから自分で物語を作ることにした。

中学生のときは、友達と一緒に遊びたかった。
だから引きこもりをやめ、外の世界に戻った。

大人になるころは、前向きな生き方を求めていた。
だから、たくさんの人たちと出会い、恋もした。
社外活動や異業種交流会に参加した。

でもそれは自分の居場所、住む世界を求めていたのかもしれない。

それは人から与えられた場所ではない。
誰かが作った場所ではない。
自分だけの場所だ。

王子さまが住んでいた星のような、
全てが自分の中で完成している世界。

だけど、一本の枯れない花が咲いている世界だ。

ほかの星がどんなに広く大きく見えたとしても、
どんなに豊かに見えたとしても、

それを羨ましく思えたとしても、

多分、そこでは満足することは出来ない。
わたしだけの枯れない花は、そこでは咲くことが出来ないのだから。

でも人は自分が本当に求めているモノがなかなか分からない。
だから何かを手に入れても、
どれだけ持っていても、満足することが出来ないのだ。

だから、今、わたしが何かを求めているのであれば、
きっとまだ自分の星を見つけていないのかもしれない。

そしてそこへ還る道も見つけていないのかもしれない。

星の王子様は、重すぎる体を捨て、星へ還った。

わたしも、何かを捨てる必要があるのだと思う。

星の王子さま (新潮文庫)