ときのまにまに番外編④ ラ・マン(愛人)

スマートフォンのアラームが鳴った。

止めようとして手を伸ばしたとき、
寝具の冷たさに一瞬ハッとする。

そっか、彼は今日も居ないのだ。

世界中に広がっている感染症を受け、

発令された外出自粛要請、

飲食店は休業を余儀なくされ、

企業もテレワークや自宅待機措置をとっている。

彼の仕事も、テレワークになるらしかった。

「本当は嫌なんだよね、こういうの、家に帰ってまで仕事だなんてさ」

家、帰る・・・

そう、彼にとって、ここは家ではないのだ。

「お前ともしばらく会えないな。外出禁止なんだから。」

「そうだね。」

それ以上、わたしに何が言えるのだろう。

そして、部屋を出ていくとき、

「お前も感染症には気をつけろよ」

あなた意外とは会わないのに?

でも、いつものようにただ微笑んで彼を見送った。

あれから2ヶ月近くが過ぎた。

でも、あれ以来彼の顔は見ていない。

ときどき、思い出したように来ていたLINEも、。

最近はなかなか既読にもならない。

そろそろ出勤の支度をしなければ、

なんとか気力を絞って、身体を起こす。

熱いシャワーを浴びて、気持ちを切り替えなければ。。。

せめてコーヒーだけはお腹にいれていこう。。。。

彼と初めて会ったのは、

企業間同士の交流会だった。

明るくて快活な彼は、いつも話の中心にいた。

なかなか話題に入っていけないわたしは、

彼と話す機会もなかった。

それなのに、帰り際に

「二人でもう1軒、行かない?」

そう、誘われたとき、黙って頷いてしまった。

そして同時に、彼の薬指に指輪があるのも見てしまった。

そして、わたしは彼の「愛人」になったのだ。

いつでも、どんな時でも、彼にとってわたしは愛人でしかなかった。

彼は指輪を外すことはなかったし、

彼のスマホの待ち受けは、5年生になるという愛娘のものだった。

「絶対に嫁にはやりたくないんだよ。どこかのバカな男になんてやってたまるか」

「特に、あなたみたいなね」

彼は苦笑していたけど、そういう男でもいいという、バカな女もいる。

淹れたてのコーヒーは、ほとんど味がしなかった。

彼と一緒にいるときには何を食べても美味しかった。

でも、一人でいると味もしなくなるものらしい。

それも、この2カ月で知った。

世の中、少しずつ動き始めている。

街にも少しずつ人が戻ってきたようだ。

ただ、人混みなどの密は避けなくてはならない。

自分を守るため、

社会を守るため、

そして大切な人を守るために。

分かっている。

本当に、充分分かっている。

今すぐ彼に会いたい、彼と一緒にいたい、

夜を一人で過ごすくらいなら、いっそ彼と共に感染してしまいたい!

わたしには、そんな独りよがりの愛情しかない。

やっぱりわたしは「愛人」だったのだ。

※このブログはフィクションです。

前の記事

リセット

次の記事

声なきものの声