声なきものの声

新型コロナウイルスの影響で、
全てのことがリセットされた。

自分たちの窮状を知ってもらおうと、
多くの人たちが声を上げている。

その人たちに応ええようと、
多くの人達が、エールを贈っている。

オンラインでつながっている人たち、
積極的に発信している人たち、

いつだって、だれかが聞いてくれる。
誰かが見ててくれる。

そういう人たちは幸せかもしれない。

でも、本当に支援を必要としているのは、

声を挙げられない人、

声を挙げる術を知らない人、

声を挙げる気力を失った人たちだ。

声を持っている者には、声なき人の辛さは分からない。

想い伝える術を持っている者には、伝わらない辛さは分からない。

自分を信じている者には、自分に裏切られる痛みは分からない。

だから、声なきものたちの想いが届かないのかもしれない。

そういう、声なき人たちの言葉を誰が聴くのだろう。

その想いは誰が受け止めるのだろう。

そこにこそ、支援の手が必要なはずなのだから。