ゼロ地点に立ったからこそ、見えたもの

感染症の世界的大流行。

世の中の在り様はすっかり変わってしまった。

場面、場面で映しだされる、人間模様。

その人の持つ価値観、人間性、思考が顕著になっている。

ゼロ地点に立たされたとき、

何を見るかで、その人の本質がわかる。

何を考えるかで、その人の価値観が分かる。

わたしの場合、

自分の中にある言葉を見ていた。

ずっと言葉を探していた。

この停滞した社会で、

「熱く生きよう、想いを伝えよう」

それを伝え続けるとはどういうことなのだろう。

何故、情熱が必要なのか?

情熱は人々に、何をもたらすのか?

でも、それは

「情熱発信」を始めてから、ずっと自分に問い続けていた答えだった。

想いはいつも胸の奥で疼いているのに、

なかなか言葉が見つからなかった。

こう在りたいという姿は見えるのに、

それを伝える言葉も見つからなかった。

ゼロ地点に立った今、

言葉が一瞬思考から離れたのかもしれない。

ようやく言葉になった気がする。

「自分を全うしよう!」

そのためにこそ「情熱発信」がある。