失われたもの・見つけ出すもの

新型コロナウイルスは、

わたしたちから多くのものを奪った。

多くの命が奪われた。
仕事を失った人たちもいる。
時間も失った。

また、思い出を奪われた人たちもいる。

ほとんどのイベント、行事が中止となった。

その中には、「今」しかないものもある。

代表的なものが、甲子園だと思う。

高校球児たちは、その日を夢見て、
毎日走り、毎日闘ってきた。

3年生にとっては、忘れられない夏となるはずだった。

コロナの風は、彼らの夢を吹き飛ばした。

テレビのインタビューに答えていた

「このメンバーで野球が出来るのは今年だけだと思います。」

涙を見せずに語った言葉が、かえって切なく響いた。

夢が消えたとき、

人はどうやって立ち直るのだろう。

人は、いつになると新しい夢を見ることができるのだろう。

そのために、人には何が必要なのだろう。

そして、わたしたちが今できることは何だろう。

「今は、仕方がない」とか、

「今はこういうときだから」とか、

「みんなで乗り越えよう」とか、

そんなききわけのいい言葉では、彼らには届かない、

奪われた者にしか、痛みは分からない、

でも、失われたもの以上の何かを、

これからの人生の中で見つけてほしいと思う。