わたし、名刺を持つのをやめました。

ここしばらく、名刺を持ち歩いていないことに、

今さらながら気付いてしまいました。

肝心なときに、けっこう忘れがちだったので、

名刺入れを紅蓮色に変えてみたりもしたのですが、

コロナの影響もあり、結局使わずじまい。

新しい生活様式では、

オンラインで名刺交換って、どうやって???

って感じです。

でも、最近の活動の中でも、

名刺交換てそんなにないなって感じています。

講座のときは、情熱発信ありきで話すし、

「ときのまにまに」の著者としてはペンネームを使っています。

情熱発信は、わたしの中では名詞や名称ではなくて、どちらかといえば動詞。

みんなも自分たちの情熱を発信しようよ!って感じです。

認知も「ときのまにまに」とTOUKOが拡がってくれて、

それが実はわたしなんだよー!、と言いたい。

それに今、自分の行っている活動はコンサルタントなのか、何なのか疑問です。

セッションにおいてはコンサルであると思っているのですが、

漢字言葉リーディングなどではコーチングやカウンセリング要素もある。

わたし自身、肩書きなんて言葉で収めたくなくなってきたのだと思う。

そして、今の時代、SNSが名刺代わりになるのではないだろうか。

という考えもあって、

わたし、名刺を持つのをやめました。

みなさんはどんな感じですか?