3対7の法則

マーケティングをきちんと学習したわけではない。

統計学の知識もほとんどない。

でも、なんとなくだけど、

3対7、

この割合は確信に近いものがある。

3は是、7は非だ。

例えば、何か新しい提案をする。

10人に案内した場合、

それを受け入れてくれる人は3名だ。

この比率、

ブログやLINEの反応を見ていても近いものがある。

だとしたら、10名全員に興味を持ってもらうとしたら、

① 10人に案内⇒約3名が反応

② 残り7名に案内⇒約2名が反応

③ 残り5名に案内⇒約1名が反応(確率は低い)

④ 残り4名に案内⇒約1名が反応(確率はさらに下がる)

⑤ 残り3名に案内⇒約1名が反応(確率はさらに、さらに下がる)

⑥ 残り2名に案内⇒約1名が反応(確率はさらに、最も低い)

⑦ 残り1名に案内⇒約1名が反応(確率はほとんど無し)

多めに見積もっても、7回は周知が必要ということになる。

これはちょっと気の遠くなる話だ。

そして、サービスの申込みや購入までとなると、

興味を持っている人からの3割となる。

これっぽっちの対象数だと、もはや0に等しい。

集客やマーケティングの先生方が、

自分のサービスや商品をとにかく多くの人に知ってもらえと言うのも、

納得できる。

果たしてわたしはそこまで出来るのだろうか。

最後の手段はやっぱり

「棚から牡丹餅」かな

前の記事

待ちきれなくて

次の記事

超、後ろ向き思考