意図ない言葉は、絶対ない。

心ない言葉はある、だけど意図ない言葉は絶対ない。

心ない言葉は多々ある。
それゆえ、痛ましい事件もおきる。

でも、意図ない言葉は絶対ない。
意識的にか、
あるいは無意識のうちなのか、
わたしたちは意図して、
使う言葉を選んでいる。

優しい人だと思われたい。
気遣いできる人だと思われたい。

そう思われたいと思っている人は、
優しい言葉、遠慮深い言葉を選ぶだろう。

賢明でありたい、思慮深くありたい。
そう思っている人は、
賢明で思慮深い言葉をえらぶだろう。

周りからどう思われても気にしません。
そう思っている人は、
気にしていないという言葉を選ぶだろう。

でも、優しい言葉が、時には人を傷つけることもある。
賢明で思慮深い言葉が、人を遠ざけることもある。
意識してなのか、それとも無意識だったのか、
自分でも分からなくなったときに、
わたしたちはこう言い分けをしていないだろうか。

「そんなつもりではなかったのに。」

でも、その言葉にさえも意図があるのだ。

自分の選ぶ言葉に気付いているだろうか?。
自分の選ぶ言葉が、
どんな想いを含んでいるのか、
どんな意味を孕んでいるのか、
聞いてみたことがあるだろうか。

自分の言葉の重みを受け入れているだろうか。

わたし自身、
モノを書くうえでも、想いを聴くうえでも、
言葉の持つ力とその重さを心していきたい。

前の記事

超、後ろ向き思考

次の記事

先が見えすぎる時代