夏と秋の狭間で

最近の熱さは本当に厳しい。

骨身にしみるとは、こういうことを言うのだと思う。

ニュースでは「危険な熱さ」と表現され、

熱中症患者は、新型ウイルス感染症を上回っている。

でも、ときおり、秋の気配も感じる。

太陽の沈む時間が早くなったり、

夜には虫の声が聞こえたり、

そういえばニュースに出ていた少年が、

「早く秋になってほしいです。」

そう答えていた。

秋は多分、すぐそこまで来ているのだ。

でも夏の終わりを感じると、なんだか寂しくなるのはどうしてだろう。

夏は子どものころ、わたしにとっては特別な季節だった。

誕生日もあった、夏休みもあった。

そして何より、真夏の太陽がわたしにパワーをくれた。

今もそれは変わらない。

夏を懐かしく思う季節はそのうち巡ってくる。

時は、感じた瞬間に早く流れるのかもしれない。