浴衣と花火

浴衣と花火

職場の帰り道、
まだ暗くなっていない夕暮れどき、
花火で楽しんでいる家族を見た。
親戚なのか、友人なのか、
数人の大人と一緒に、
まだ幼い女の子たちがいた。

どの子も、金魚のように浴衣を着ていた。

若いお父さんが、火を点けた。
別のお父さんは、寝そべって、
石で挟んだ仕掛け花火を撮影していた。
若いお母さんたちは、内輪を片手に、
遠巻きに花火を見ていた。

噴水のように火花が噴き出すたびに、
幼い彼女たちは歓声を上げていた。

白い煙と一緒に、
懐かしい火薬の匂いがした。

昨年の夏はあちこちで見られた風景。
家の近所でも、火薬の弾ける音が聞こえていた。

今年は暑さ以外に、夏らしいものはない。

だからだろうか。
何でもない風景に、どこか安堵を感じている。

来年の夏はどうだろう。
かつての姿を取り戻しているだろうか。

でも、どんなに世の中が変わっても、
そのときを楽しむ、その心だけは忘れないでいたい。