生を想って死を考えるのか、死を想って生を考えるのか。

今日、仕事場で、義理の娘さんが出産された話を聞きました。

県外のうえ、このコロナ渦、病院にも入れてもらえず、大変だったそうです。

でも、おかげさまで母子ともに健康、

安心して帰ってこられたそうでした。

ところが数日後、

夢に現れたのは、とうの昔に亡くなった、

自分のご両親だったそうです。

不思議というよりは、懐かしさを感じたそうです。

そして、その人が選んだ漢字は「死」

ご本人も元気、周りも「死」を意識させる人はいないという状況。

もしかしたら、この夢は相反する事象を映したのかもしれませんね。

わたしたちの気持ちや意識は

ときには真逆な言葉を選びます。

生きることに失望している人は、

希望に溢れる人生を願っていた人かもしれません。

また、生き急いでいる人は、

その先にある「死」を常に意識しているのかもしれません。

言葉も夢も、合わせ鏡のようなもの。

死を想ってこれからの人生を生きるのか、

生を想って、命尽きるまで生きるのか、

わたし自身も、これからの人生に問い続けていきたい。