「好きな漢字」「嫌いな漢字」「気になる漢字」、そして「どうでもいい漢字」

好きな漢字、嫌いな漢字、気になる漢字、どうでもいい漢字、

それぞれの漢字から、課題や思考を読み解く「漢字パーソナル鑑定」。

ひとりひとりの反応は変化が面白すぎます。

選び方も、漢字の読み方も、それぞれの個性が出ています。

だいたい4つに分けた漢字カードの山から一番少ない漢字から見ていきます。

(たくさんの漢字を一度に読み解くのは大変なので)

大体、小さな山の中に胆となる漢字が混ざっていますね。

好きや嫌いではなく、「気になる漢字」から見つかることが多いのですが、

ごくまれに「どうでもいい漢字」の中にホンネが混じっていることも。。。

どうでもいいということは、あまり考えていないこと。

考えていないのか、考えたくないのか。。。

というところでしょうか。

でも、気付いてしまったら、好くも悪くも考えずにはいられないはず。

それが次の行動を生みます。

そして、1か月後は全く違う漢字を選んでいたりするのです。

最近、わたしが気になっているって漢字は「遺」

言葉から知恵や力をもらってきたからでしょうか。

今でも「名言集」は結構読んでいます。

最近買ったのは、

「弱った心がラクになる 後ろ向き名言」と「革命家100の言葉 」

暑さで弱っている心と身体に一喝です。

 

<参考図書>

「革命家 100の言葉」

「弱った心がラクになる 後ろ向き名言」

前の記事

言葉遣いに気を使おう