明日を生きよういうスイッチ

生命とは、明日を生きようという、
気持ちのスイッチだと思う。
命あるものは全て、
それをオンにして生まれてきている。
動物も植物も、生きることしか考えていない。
人もそうだ。
赤ちゃんや子供たちの生命力は力強い。
でも、人には、そのスイッチが切れそうになるときがある。
心が傷ついたとき、絶望したとき、疲弊したとき、

生きる気力を失う。
明日を頑張る力を失う。
明日を諦めてしまう。

そしてスイッチが切れる。

命を手離してしまう。
自ら死を選んでしまう。

そういう悲しいことが起こる。

明日を生きよういう、気持ちのスイッチ。
今の状態に気付けば、対処が出来るかもしれない。
その状態がわかれば、気づいてあげられるかもしれない。
力を取り戻す方法が見つかるかもしれない。

スイッチの切り替え方、それがわかれば、
何度でもオンにすることが出来るのに。

竹内結子さんのご冥福をお祈りいたします。