言葉の本質

最近、わたしは、言葉の本質について考えている。

わたしたちが当たり前に使っている言葉、

でも、本質を理解しているだろうか。

何となくこんな意味、で使っていないだろうか。

矛盾はないだろうか。

ズレはないだろうか。

独りよがりの言葉ではないだろうか。

誰かのウケウリではないだろうか。

自分の言葉を、自分の言葉で説明できるのだろうか。

自分の言葉に、責任を持てているのだろうか。

独創的な表現を、きちんと自分の意図を言葉で説明できるのだろうか?

そんなことをマジメに考えすぎたら、

発信なんて出来ない、

そう思うくらいに、みんな言葉を使っている。

言葉の本質は、漢字に込められている。

熟語には、ちゃんと意味がある。

対比や呼応を正しく伝えている。

だから、時代が変わっても、文化が変わっても、

わたしたちは正しく受け取ることが出来る。

言葉とはそういうものだと思う。

誰かが使っていた言葉。

誰かから聞いた言葉。

その言葉の持つ意味を、自分の言葉で説明できないまま、
言葉の意味の本質を理解せず、

適当に組み合わせて書いても、ちぐはぐなだけ。

その滑稽さに気付いているのだろうか?

言葉の意味、その本質をもう一度考えてほしい。