「風の時代」って、よく聞くけど

今は「風の時代」らしい。

最近、そういう言葉をよく目にする。

でも、わたしの周りは凪いでいる。

荒れ狂う嵐も、

全てを焼き尽くすかのような熱風も、

凍てつくような北風も、

今はもう吹いていない。

わたしはただ一人、

大海原に浮かんでいる気がする。

そのうちに、吹いて来る風が、

わたしを船ごと運んでくれるのを待っていた。

その風が、私があるべき場所へ連れて行ってくれると

思っていた。

だって、どんなに頑張ろうと思っても、

逆風が吹けば押し戻されてしまう。

また、追い風に背中を押されることもある。

だから、ただ風の流れるままに、生きてきた。

でも、

「そろそろ、自分で舵を取ろうよ」

「そろそろ、自分の力で泳いでみなよ」

その声は、どんどん大きくなってくる。

わたしは大丈夫だろうか?

本当に、わたしは大丈夫だろうか?

毎日、繰り返される自問自答、

そして不意に見つけたその答え

わたしの周りに吹く風は、どこかの誰かの風ではない。

わたし自身の行動によって生じる風なのだ。

凪のときは終わった、これからは風の時代になる。

だからわたしは動き始めよう。