「あなたは、何を想ってブログを書いてますか?」

「あなたは何のためにブログを書いていますか?」

「誰に届けたいですか?」

発信をアドバイスするときにずっと言い続けてきた。

でも、それは間違いだったかもしれない。

わたしのように、

ただ書くこと自体が好きでただ、ふわふわと書いている人もいる。

でも、

目的があって書いていたとしても、
「何のために」とか「誰かのために」と、

問い詰めると、

言葉が萎縮してしまって、かえって書けなくなってしまう気がする。

だから、これからは、こう呼びかけようと思う。

「あなたは、何を想ってブログを書いていますか?」

「その想い、言葉になっていますか?」

だって、わたしが「書き方」を伝えているのは、
作家になってほしいからではない。
ライターを育てているわけでもない。

何故、今自分はこの言葉を選んでいたのか、
その下にある気持ちに気づいてほしいからである。

そこに迷いや課題があるのなら、
それを見つけてほしいからである。

自分自身と真摯に向き合ってほしいからである。

そうすれば、きっとどんな時代がきても、
生きていくことができる。

それに、あなたの真っ直ぐな気持ちは、
どんな人の心にも届く。

それを伝えていきたいからである。呼びかけ(書き方)を変えると、
受け止め方や感じ方が大きく変わる、
思考で受け止めていた言葉が、
気持ちの中に入っていく。

それが「言葉」というものなのだ。