コピーキャットに書かないで!

多々の人が語っている言葉、

その中に、本当に、自分の中に落ちる言葉がある
そして、それを感じるのは、

それは、振り返ってみてわかるとき、

その状況になって気づくとき、

または、答えやヒントが見つかったとき、

である。

そのときになって、

初めて自分の言葉で語ることができる。

少しだけ聞き齧って、

ああ、わかるわかる、とか

わたしもそうだ、とか

確かにそうだなー、

というのは単なる共感、同感に過ぎない。

それを腑に落ちたと錯覚して、

まるで自分の言葉のように語っても、

文脈の中に、ほつれや矛盾を感じて、

聞いていても、読んでいても違和感しかない。

自分自身、その矛盾や偏りに気づいているのだろうか。

もちろん、私だって気づいていないことばかりだ。

だからこそ、自分の言葉と真摯に向き合っている。

矛盾点やほつれにと、きちんと向き合っている。

思ったことを自由に書くというのは、

何でも好きに書くということとは、少し違う。

どんな自由もそうであるように、

自分の言葉に責任を持つということだ。

感化された言葉、共感できる言葉は、
そのまま書けば、単なるしぇあである。
自分に寄せて書けば、それは単なるコピーキャットだ。

心の一番深い場所に落ちたからこそ、

自分の言葉とできるのだと思う。