持っていないもの、出来ていない自分から、目を逸らさないで!

自分の中にあるもの、ないもの、

そして、出来ること、出来ないこと。

最近は、それを言葉にすることを、心がけている。

それを言葉にすることに、

これまで何となく抵抗を感じていた。

でも、ここ数日間の思考の変化で、

そこに抵抗を感じなくなってきた。

例えば、私は今クルマを持っていない。

だから、遠征(?)は出来ない。

それを伝えることで、

セッションやミーティングでは、

公共交通機関で行けるところ、

無理のない時間などを提案することができる。

発信に関する相談や、今後の活動計画も、

出来ること、出来ないことを言葉にしているから、

何を補えばいいのか、

そのためには何が必要なのか、

いろいろ情報が集まってくる。

言語化するようになって、

これまで漠然としていた自分の中の「欠」

がはっきりしてきた。

私たちはついあるもの、出来ていることでモノゴトを考える。
あるもので何とかしようとする。

持っていないモノ、出来ていない自分から、
目を逸らしてしまっている。

でも、本当に目を向けなければならないのは、
出来ていない自分、持っていないものである。
まず、それを認めなければ、
今あるものでどう補っていくのか、
あるいは、自分の活動や夢に必要なものな何なのか、
どうすれば手に入れることが出来るのか、
見つけることは難しい。

言葉も同じ、
目を向けなければならないのは、
「書けていない言葉」である。

それが、自分を見つめる、ということだ。