読むことと、書くことと。

私は自分のことを、

ずっと「書く人」だと思っていた。

だから、セッションでも講座でも、

「書き方」について話してきた。

でも、最近気づいた。

私は「読む人」だったのだ。

だって、セッションでも講座でも、

まず、書かれた文章を読んでいる。

読むことによって、

感じ方の違いや、言葉の使い方を提案している。

漢字117診断や、姓名診断もそう、

思考や物語を読んでいるのだ。

教えることは、教わることだという話を聞いたことがある。
子育てをしている大人が、子どもからたくさんのことを受け取る、

ともいう。

書くと読む、発信と受信も同じことなのだ。

何より、私自身、

書きながら、自分の言葉を受け取っている。

常に自分の言葉を読んできた。

人に伝える、届けると言うのは、

きっと書き手の奢りだ。

まず、伝えるべき相手は、自分自身なのだから。