これからの拘り方

今までは、こだわることにこだわってきたけども。。。

これからはこだわらないことに、こだわることにする。

こだわりは、人それぞれの個性。
特定のブランドにこだわる人、
自然派志向の人、
自分のやり方にこだわる人、
自分の活動やサービスのあり方にこだわる人、
いろいろある。

そのこだわりが、その人の価値やアイディンティティを決めるといってもいい。

でも、こだわるものやこだわり方を間違えれば、
自分の行動や思考を制限することになる。

好きなことをしているはずなのに、
苦しいとか、辛いと感じるときは、
たいてい何かに拘っていた。

ワードプレスを教えるのが辛くなってきたとき、
教えるがわとしての知識やスキルに拘っていた。
自分の力不足に押しつぶされそうだった。

情熱発信を始めたときのわたしは、
気持ちの温度を、まず自分自身であげることに
捕われていた。
思うようには上がらない、上がってもすぐ冷めていく、
そういう自分の気持ちにイライラしていた。

ときのまにまにを発行したときは、
書籍のあり方、書籍としての理想の形に拘っていた。
多くの人に読んでもらう、という、
本自体の目的をいつの間にか忘れてしまっていた。

こだわりに拘っていたあまり、
いろいろな想いを持て余していた。

でも、今わたしの中にあるテーマは、
融合、そして相乗効果だ。
そのためには不必要な拘りをなくさなければならない。

もちろん、手離してはいけないこだわりもある。

今は拘らない、ということにこだわっている。