困難を知らずに、私たちは育った。

今年は大雪が降った。

融雪装置も除雪も追いつかず、交通が麻痺した。

クルマは動かなくなり、公共交通も止まった。

スーパーやコンビニに当たり前に置いてあったものがなくなった。

昨年から、世界はコロナに覆われている。

気軽に出かけることが出来なくなった。

マスクをして、十分に距離をとって、会話を避けて。

当たり前にあった日常が、当たり前でなくなった。

それでも、今、私たちは、

誰かが何かをしてくれることを待っている。

自分たちの権利と自由を口にしながら、

誰かに何とかしてくれと、叫んでいる。

早く日常に戻りたい。
早く、今までのような生活に戻りたい、と。

私たちは困難を知らずに育った。

当たり前にあるものかなかった時代がある。

やりたいことが許されなかった時代もある。

ほんのささやかな夢を叶えるために、どれだけの努力を必要としただろう。

夢を大きく育てるために、どれだけの年月をかけたのだろう。

その時代を私たちは知らない。

ちょっとググれば何でも知ることが出来る時代。

まだ行ったことのない場所でも、簡単に見ることのできる時代。

なろうと思えば何にでもなれる時代。

それなのに、私たちはまだ、誰かに何かを期待している。

自分らしく、ありのままで、自分軸でと口では言いながら、

誰かが何かを、提供してくれることを望んでいる。

自分にあった生き方を、やり方を、

オーダーメイドの服のように、

誰かが運んできてくれることを待っている。

 

自分で困難と戦おうとせず、

自分で困難を乗り越えようとせず、

 

だって、私たちは困難を知らずに育った。

だから、私たちは、困難の乗り越え方を知らない。