鏡と漢字117診断って、 人によって使い方はそれぞれなんですね。

先日の言葉の化学講座で、
久しぶりに漢字117診断表を配りました。

全体をざっと眺めて、気になる字を見つけた人、
好き、嫌いを含めて漢字を選んだ人、
見たくないと、目を逸らした人、

それぞれの反応がありました。

なるほど、
まるで鏡のような使い方だなってつくづく思いました。

例えば、全身を映した場合、
気になるところに目がいきます。

メイクなどをするときは、
具合や映えを見ます。

目にゴミが入った場合は、
目だけ大きく映します。

体型に自信がないとき、
顔色が悪い時って見たくないものです。

漢字117診断もまるでそう。
それぞれが見方を使い分けているようでした。

はてさて、あなたはどうですか?
自分を客観視出来ますか?
そして、どこを映しますか