だからって、「書くこと」以外、私に何があるのだろう。

何かモノを書いているとき、

どうしようもなく、自信をなくすときがある。

自分の思慮の浅さにガックリしたり、

語彙の乏しさに情けなくなったり、

想像力のなさに泣けてきたり、

構成力の弱さに頭を抱えたり、

文章センスの悪さに、自分ながら笑ってしまったり、

表現や描写の甘さに、自己嫌悪に陥ってしまう。

書いても書いても、なかなか納得できず、

でも、やっぱり書かずにはいられない。

だって、「書くこと」以外、私に何があるのだろう。

小学生の時に、書いた作文。

「わたしの夢は小説家になることです。」

大好きだった書店や図書館、

その棚に自分の名前があるなんて、なんてステキなことだろう。

そう書いていた、幼い頃の自分。

その頃から、私は何一つ変わっていないのだから。

それなのに「書くこと」以外、私に何があるというのだろう。

だから、どんなに自信を失っても、

自己嫌悪に陥っても、納得できるものが書けなくても、

私は書き続けるしかない。

それが、私は私であるという確かな自信なのだから。