鏡は鏡でも、魔法の鏡だったんだなぁ

昨日の言葉の化学講座でプチ診断してみて感じた思い

漢字117診断って、
自分を写す鏡だなーって思っていたけど、

鏡は鏡でも、魔法の鏡だったんですね。

鏡の使い方って、人それぞれだと思います・

今日のコーデやメークなど、全体をチェックする人もいれば、

目にゴミが入ったとか、気になる箇所をチェックする場合もあります。

パッと見た感じ、顔色が悪いとか、眼の下にクマがある!

なんて、気になるところが見えたりもします。

漢字117診断も、同じ。

あれ?何故、今日はこの漢字を選んだのかなぁ。とか

あれ?今日はこっちの文字列ばかり目に入るわぁ、とか

自分の姿を写すためのツールだったんですね。

でも、漢字117診断はただの鏡ではありませんでした。

言葉の化学講座(1つ前の記事を読んでね)で、

一人ひとりが抱えている想い。

そして、一人ひとりが描いた未来。

漢字117診断に写しだされたのは、

ずっと自分が探していた答え

素直に受け止めた自分の想い

そして、自分が目指す想いと、そこへたどり着くまでの課題

魔法の鏡は決して見たいものだけを見せてはくれません。

優しくも厳しい鏡なのです。

漢字117診断という魔法の鏡、

あなたも是非覗いてみませんか?