人は誰でも、No.1に目が行く?

ブログを書いたとき、

やはり気になるのはアクセス数。

アナリティクスサイトをついついチェックしてしまいます。

でも、いつ見ても、ダントツ読まれているのは、

これまでもダントツ読まれている記事。

WordPressのプラグインで、

一番アクセス数の多かった記事を表示させている。

そのトップの記事に目が行くらしい。

数年前に書いた記事で、

今よりもっともっと拙い文章。

自分で読み返してみても赤面するような文章。

今の記事の方が、まだまし。

今はあの頃よりは理論立てて書いている。

それでも、いまだにアクセス数が多いのは、

やはりNo1だからだ。

一番読まれているのだから、

もっとちゃんと描き直そうとも考えた。

内容を変えずに、もっとわかりやすく書きなおそうと、

思ったこともあった。

でも、思い直した。

どんな記事であっても、そのときにわたしの内から

出た言葉であるのには間違いない。

No1を狙って書いた記事ではない。

でも、そのとき、そのときの想いを

真っ直ぐに言葉に出来たのなら、

わたしが、ブログや本を書く意義を、

ブレずにそこに見出しているのなら、

毎日の言葉が、そのときのわたしの

No1の文章になるはずだ。

そして、書き続ける自分を

誇らしく思うだろう。

拙い過去記事を読み返し、

青くなったり赤くなったりしながらも、

自分に言い訳なんかしてみたりする。

これはこれでいいんだよ。