「まだ、言えない」

ずっと言いたかったんだ。

自由に行きたい!

やりたいようにやりたい!って

でも、お母さんがいつも「いい子でね」って言うから「いい子」でいようとしてきた。

でも、いい子ってなに?どんな子のこと?

お友達に親切にしてあげるとか、

お行儀よくしている、とか

決してわがままを言わない、とか、

そういう子だったら、いい子なの?

わたしの宝物が取られそうになっても、

みんなと一緒になって、大はしゃぎしたくても、

ずっと我慢していろってことなの?

だから、そうして生きてきた。

でも、心の中にずっと違和感があった。
なぜ、我慢をするのがいい子なのだろうと思った。

そう思ってしまうことも悪いことのような気がして、考えないようにしていた。

でも、今は幸せだ。
あの頃のわたしは、もういない。
人生のレールから、ちょっとだけ外れても、

今はやりたいことをしている。

いろいろな人たちが、いろいろな価値観の中で、

自由に生きていている現代で、
わたしも、その中のひとりだ。

時間が経つのも速く感じる。

思ったより大変なことはたくさんあるけど、

目にするもの、聞こえてくるもの、全てが新鮮で、

全てのことが光り輝いている。

これがわたしのやりたかったことだ。

これがなりたかったわたしの姿だ。

でも、彼女もまだ気づいていない。

いつの間にか、良くも悪くも。
彼女の中で、問題がすり替わってしまっていたということに。

どこがすり替わったのか、
どこですり替わったのか、

あなたは、答えられますか?