私流の文章上達方法とは

文章上達の道は「読書」にある、

と思っている。

最近、本を読んでいない。

テキスト、参考書の類には目を通すが、

これは「目を通す」だけで、

読書にはならない。

だから、最近は無性に小説が読みたい。

でも、ただ読んでいるわけではない。

上手くなりたい!と意識して読んでいる。

物語の世界にどっぷり浸りながらも、

語彙力や表現力は少しずつ身に付いていくのである。

料理好きな人は、外食のさい、食べながら調味料や素材を考えているそうだ。

ファッションに興味ある人は、絶えずトレンドや最新作をチェックしているだろう。

そして、自分の中に取り入れていく。

それほど興味がなくても、

参考にしてみることもある。

文章もそういうものだと思う。

最初は見様見真似でもいい。

背伸びしているように感じても、

カッコつけているように感じても、

自分らしくなく感じても、

大きな服が、いつの間にか身の丈になっているように、いつの間にか自分にしっくりくるようになる。

そして、さらに成長してまた新しい服を探し始めるだろう。

だから、文章上達したいなら、

とにかく「書く」こと、

そしていろいろ「読む」こと、

これに尽きるのである。