「私が文章の力を知ったのは、小学生のときだった。そして演劇部に入って、ストーリーについて学んだ。」

「私が文章の力を知ったのは、小学生のときだった。そして演劇部に入って、ストーリーについて学んだ。」

これは、明け方に見た夢の中で言った言葉だ。

シチュエーションははっきり覚えていないが、

熱く語ったことは覚えている。

小学生の作文の宿題で、将来の夢について書いたことがある。

母に見せようとしたら、

「字が汚い」と読んでもくれなかった。

悔しくて、書いたものを前期消した。

それから一心不乱になって書いた。

それが学年代表に選ばれた。

その頃から、演劇に興味を持ち始めた。

演劇部に入る人たちは当たり前のように

役者を目指していたが、

私は演じることよりも、音響や照明が気になった。

短大のとき、近くの大学の演劇サークルに入った。

私にとってはかなり過酷な役者経験もしたが、

舞台、役者、大道具が一体となって作る楽しさを知った。

地元演劇サークルにも何年か所属したが、

そのときには、私が興味あるのは演じることではなく、

創ること、魅せること、そして観客の心にどんな余韻を残すか、という演出の方と確信していた。

文章を書くとはこういうことは、

想いを吐き出し、それを「読み物」という形に仕上げること。

伝えたい想いをどういう言葉で伝えるのか、

溢れてくる想いをどういう言葉で表現するのか、

それが「書く」ということではないだろうか。

前の記事

「まだ、言えない」