大きな落とし穴、それはコロナ前と同じ視点で見ていたこと。

いつの間にか、固定概念の中にいた、

いつの間にか、自分を見失いかけていた、

それらを教えてくれるのは、いつも誰かの言葉や存在だったりする。

自分ではまっすぐに前を歩いているつもりでも、

ほんの少しずつだけど、道が逸れていたり、

思い込みで、全く違う方向へ行っていたり。

最近も幾多の人たちが気付かせてくれる。

でも、それに気がつくことが出来たら、修正は早い。

大急ぎで戻ってこればいい。

そして、また歩き始めればいいだけだ。

今、作っている情熱発信の公式サイト、

そしてメニュー、

でも、その要素に大きな欠けがあった。

今年こそ、執筆しようと思っていた3冊目。

大きな見落としがあった。

どちらもわたしは「現在」を見ているつもりだった。

でも、見ていたのは過ぎた時代、終わった時代。

そう、コロナが現れる前の時代だ。

これまでとはあり方や価値観が大きく変わった。

今までの方法では通用しない。

それを充分理解していると思っていた。

でも、心が追いついていなかった。

だから、コロナ前と同じ視点で見ていた。

今までの固定概念の中にいた。

そして、自分を見失いかけた。

でもそれに気付かせてもらった。

だから今、軌道修正かけている。

ときのまにまにの3冊目は全てフィクションだ。

それは、コロナ禍を生きてきた私たちの今を描いている。

そしてコロナ禍にいるからこそ、

見つめてほしい自分の生き方、耳を傾けてほしい、心の声、

情熱発信公式サイトでは、

それらを一人ひとりに問いかけていきたいと考えている。

情熱発信公式サイトはこちらから