病は気から、ワクチンは心から。

先日、職場で

「これで、コロナも90%は大丈夫だと思う」

ワクチンを打ったことで、気持ちが楽になったらしい。

今まで、静かに暮らしていたけど、少しは外に出てみようかな、

そう話しているのを聞いた。

声も表情も以前よりずっと明るかった。

国も自治体もワクチンで盛り上がっているが、

正直わたしはマユツバ感を感じている。

新型コロナの世界的流行から、

ようやく一年が過ぎた。

ワクチンの開発は進んでいるが、

効果、持続性はまだまだ未知数。

打ったからもう安心、なんて言えるわけがない。

それなのに、ワクチンが済んだ人たちの安堵感、

これはどこからくる根拠なのだろう。

そう思わずにはいられなかった。

でも先日、テレビで見たニセ薬の話を思い出した。

かたりを真似て作ったただのタブレットも、

薬だと思い込んで服用すれば、

それなりの効果を発揮するという。

ましてやワクチンに関しては正真正銘の薬だ。

効果がないわけがない。

でも、それよりも何よりも、

ワクチンを打ったことに対する、安堵感。

そこから生まれる笑顔が最高の

免疫剤なのだろう。

外でマスクを外して笑い会える日が待ち遠しい。