「好き」と「自信」が、わたしを作る。

ワーカーライフ(働き方)を、今のカタチに変えてから6年目に入った。

試行錯誤、迷走・停滞を繰り返しながら、今日まできた。

もちろん、まだまだ道半ばの所にいるのは分かっている。

進めば進むほど、たくさんの困難と出くわすだろうという、

怯えもある。

でも、「好き」だからこそ、もっと好くしたいと思えるのだろうし、
そう思えるのだろうから、いろいろ考えてしまうのだろう。

そして、そのために、足りない自分を自覚し、落ち込み、

それでも何とかしたいとあがき続けるのだ。

結局、迷いや悩み、停滞することさえ「好きの証」なのだと思う。

そして、「自信」。

これは、絶対役に立つ、とか、

これがあれば、もっと好くなる、

あるいは、

何があっても、嫌いになることはない、とか

何があっても、手離すことはない、など、

自分の中の確たる思いが「自信」だ。

どんなサービスにしろ活動にしろ、

それを続けているのは、その自信だと思う。

多くの出会いが、私にそのことを教えてくれた。

わたしの場合、書くことが何より好き。

書き始めたら、多少の暑さ寒さ、空腹や眠気さえ忘れてしまう。

まさに、寝食を忘れての状態になる。

そして、どんなモノでも書けるという自信。

何があっても、書くことは辞めないだろうという確信。

そして、書くことが、いかに自分を癒し、律しさせるのか、

自身を持って、訴えることが出来る。

私が「ときのまにまに」や「紅蓮色の情熱」を

出版できたのも、その「好き」と「自信」があったからだ。

ただ、もっと上手く書けるようになりたい、

そのための、技術や技法、思考や経験、

メンタルやマインドが足りない、と思い知らされる。

だったら、もっと学ぶしかない、そう思える。

今、わたしは心理学を学んでいる。

これは、人の心について考えるため。

そして、Instagramに言葉を載せている。

これは、言葉の力を高めるため。

ときのまにまにの第3巻目は、「ショートストーリー集」だ。

これは、どんなモノでも書けるようになるために、である。

この「好き」と「自信」が、

今の私を作っている。