未来に目を向けるということは、過去を否定することではない。また、過去を懐かしむということは、今を見ないということでもない。

未来に目を向けるということは、過去を否定することではない。

また、過去を懐かしむということは、今を見ないということでもない。

過去には拘らない、未来しか見ない、という言葉をよく耳にする。

一見、とても前向きな言葉だと思う。

でも、それは過去を忘れることでも、捨てることでもない。

どんな過去でも、その時があったからこそ今の自分がある、

そういう当たり前のことを私たちは時々忘れていないだろうか。

例えば、押入れやクローゼットの奥から、

昔の日記帳を見つけたとき、

読み返して赤面する。

なんておバカなことを書いていた(していた)のだろうと、

破って捨てたくなる。

また、子供のころの数々の栄光。

コンクールで入賞したり、大会などで表彰されたり。

それを懐かしんだり、今の自分と比べてみたりして落ち込むこともある。

昔の自分は嫌い、今の自分が好き、とか、

昔はよかった、あの頃に戻りたい、とか、

でも、昔の自分も、自分が好きになってあげないと

昔の自分が可哀想になる。

昔に戻りたい、と思ったら、

今の自分、これまでの頑張り、これまでの絆、

全てを否定することになる。

どんな時代だって、

頑張っている自分、支えてくれた人たち、

多くの想いを受け取ってきているのだから。

未来を見据えることは、過去を否定することではない。

また、過去を懐かしむことは、今を否定することでもない。
人生とは流れていくストーリーだ。
これまでの時間をリセットすることも、白紙に戻すことも出来ない。
また、時間を遡って振り出しに戻ることも出来ない。

もし、自分がすっかり変わったと感じるのなら、
それまでに通ってきた道があるはず。

その過程が、より好い未来へ進むための道標じゃないかな。