大きく深く、呼吸(いき)をしよう

最近、つくづく年齢を感じる。
なかなかやる気が出なかったり、
持続力や集中力が低下しているのは、
コロナ禍の閉塞感、というよりは更年期のせいかもしれない。

もともと身辺整理も、思考の整理も不得意だし、
昨年から、モノ書き、コンサルのほかに心理学という、
新たなカリキュラムも加わり、カオスな毎日。

だけど、あれもこれもそれもと考えるわりには、
あまりモノゴトがが進まず、
鬱々とした日々を過ごしています。

部屋の中には、読みかけの本、
パソコンには書きかけの原稿、
しらべかけの参考書が散乱しているし、

頭の中には、
新しいセッションメニューや、
始めたい講座の素案、
そのためのテキストの原案などが散乱しています。

液晶画面や細かい文字の見過ぎで、
目の奥がズキズキするし、頭もガンガン痛い、、、

そしてそういう時は、呼吸が浅く短くなっています。

呼吸がゼイゼイ言い始めたら、きっと気持ちも息切れ寸前。

そういうときは、自分に
「大きく、深く、呼吸(いき)をしよう」
そう言い聞かせています。

深呼吸をすると、緊張がほぐれ、気持ちも落ち着きます。
不安や焦りも次第に薄れていくのを感じます。

とりあえず、手の届くところからやっていくしかないよね。

今現在、日常に埋もれながら、こうして生きています。