わたしが最近、ブログばかり書いている理由

昨年から受講している、

放送大学心理学コースの第二期のテキスト、届きました。

あー、つくづく自分はMだと実感。

書くって、本当にときには古傷をえぐることだよね。

でも、あれ、いつの間にか治ってるよって傷もある。

わたしが今作っている「心への問いかけ集」が、まさにこれ。

だって、

「あなたは、自分を責めた日のことを覚えていますか?」

って、問いかけもあるのだから。

でも、その項目の一番最後の問いかけは、

「あなたは、いつ自分と仲直りしましたか?」

これに応えられないときは、まだ自分を許せていないということ。

でも、

「あれ?いつの間にか水に流しちゃってるわ。」

って気づけば、それはもう治っている傷なのです。

それに、自分のことを許せていないのに、

「自分のことを愛してあげましょう。」

「自分のことを認めてあげましょう。」

なんて書いても、説得力ないでしょ。

だから、問いかけ集を作りって、

わたし自信への問いかけ、そのまんまなのです。

最近、ブログばっかり書いてしまうのは、

多分その影響。

そして、人の心とはなんぞや、と考えるのに

必要なのが心理学の基礎知識。

ああ、こう考えてしまうのが人なのねって、

自分自身を納得させるためにも必要な知識なのです。