ブログなどの自己開示、書きたいことは書けばいいけど、書きたくないこともあるよね、という話

ブログなどの自己開示、

書きたいと思っていること→書いてみればいい

書こうかな、と思ってること→書いてもかまわない。

書いたほうがいいかな、と思うこと→書くべし

書きたくないこと→書かなくてもいい

伝えたいこと→書けばいい

伝えたいと思っていること→書いてみればいい

伝えようかなと思っていること→書いてみてもかまわない

伝えたほうがいいかなと思うこと→書くべし

伝えない方がいいかな、と思うこと→時を待て

ブログで重要なのは4段目なのかもしれない。

これは、誰かを思うからこその言葉だからだ。

でも、わたしが意識していること、

それは、

「書きたくないこと」

それは「書きたくても書けないこと」なのか、

それとも「考えたくないこと」なのか、

どちらにも原因や理由がある。

だから、セッションでも、書き方講座でも、

「書いていないこと」をまず注視する。

その理由を紐解いていくと、悩みの根本が見つかる。

それが分れば、処方や対処の方法を考えることも出来る。

いつも書いていることに、自分にとっての気付きはない。

書いていないことを見つけることこそが、気付きだと考えている。