ヘタレなわたしが、虚勢を張って生きている理由。

ヘタレなわたしが、虚勢を張って生きている理由。

それは、自分が何のために生まれてきたのか知りたいから。

悩みながら、迷いながら、生きてきた人生の半分。

成しえたことも、成しえなかったこともある。

手に入れたモノも、手に入れることが出来なかったモノもある。

あきらめた夢もある。

それでも、今こうして生きている。

 

人は確実に終わりに向かって進む。

心も身体も、日に日に変わっていく。

それを毎朝実感する。

でも、ただ時の流れるままにいたくはない。
未来を手放したわけでもない。

まだ、何かできるはず。
これからだって、何かを遺せるはず。

家族や家庭を作らなかったわたしは、

成すべきことが他にあるのかもしれないと、感じるから。

そして、それを成すために、

何を犠牲にしても、必死になれる時間が「今」だと思えるから。

そして、この「今」が、わたしに与えられた最後の時間だと、

思えるから。

今、わたしが手掛けていることが「成すべきこと」かどうかは、

最期まで分からないかもしれない。

それでも、わたしは「これを成し遂げた」

そう思えたら、

きっと、わたしはこれを「成すために生まれてきた」

そう言える気がする。

そういう人生でありたいと思うから、

今は、何に対しても、自分に対しても虚勢を張っても頑張るしかない。

そう思っている。