白駒妃登美さん出版記念講演会「ちよにやちよに」込められた想いとは。

君が代は、千代に八千代に

さざれ石のいわおとなりて

苔のむすまで。

これは、日本人なら誰でも知っている日本の国歌です。

わたしたちは、学生のころからは、事あるごとに、この歌を歌わされてきました。

そして、2021年夏、コロナ禍で開催された東京オリンピック、

何度も、この歌を聴きました。

でも、この歌に込められた、本当の意味を知っていたでしょうか?

「君が代は」と、誰もが口ずさむこの歌詞に込められた想いを、

考えてみたことはあったでしょうか?

その歌に込められている想いを、わたしたちに伝え届けてくれる絵本が、令和3年に刊行されました。

それが、「ちよにやちよに〜愛のうた きみがよの旅」です。

朝活@富山ではその著者である白駒妃登美さんをお招きして、

講演会を午前と午後に開催。

多くの方が、白駒さんの、この本と「君が代」に寄せる想いに

耳を傾けました。

午前の部は、富山市にある「着物ブティックあおき」さんです。

日本人の心の想いを聴くには、これ以上の場所はないでしょう。

そして、午後の部は「高志の国 文学館」での開催です。

実はこの「高志の国 文学館」の館長を務めておられます、国文学者の中西進先生の支援もあって、この本が誕生したそうです。

「ちよにやちよに」のお話を聴くのにも、これ以上の場所はないでしょう。

そして、この白駒さん、朝活@富山を含めて富山で講演されるのは、

初めてではありません。

特に、朝活@富山での開催は、今回で5回目になるそうです。

白駒さん自身も富山を大変愛してくださって(特に万葉の高岡でしょうか)
今回もスケジュールを調整し、来てくださいました。

そして、参加者の皆さんも素晴らしい時間を共有出来たと思います。

さて、今回のお話は、その「ちよにやちよに」についてのお話です。

君が代は、今でこそ日本の国家、そして天皇を礼賛する歌として思われてきましたが、
もともとは究極の愛の歌として歌われていたそうです。
平安時代に編纂された古今和歌集に「きみがよは」ではなく「わがきみは」ではじまる歌として載っていました。

しかも、作者は不明の読みびと知らず。

当時、女性が愛する男性のことを「わがきみ」と呼んだそうです。

そして「よ」とは「代」、時代、生命を表します。

だから、歌の意味は

「大切な貴方の生命が、千年も八千年も、小さな石が大きな岩に育つまで、

そしてそこに苔が生えてくるまで(つまりそれだけ永い間)

幸せでありますように。」

と大切な人の長寿と幸せを祈る愛の歌だったのです。

古今和歌集からおよそ100年後、みんなが楽しく朗詠できる名歌を

編集した「和漢朗詠集」が編纂されたとき、「わがきみは」から「

君が代」と手が加えられ、今の歌詞になったそうです。

そして、それによりこの歌は、誰か特定の人だけではなく、全ての

人にとって、大切な人を想う歌となりました。

わたしたちの国、日の本は、太陽が命の源である国です。

そして共通の想いを見つけ、和を尊んできました。

それは、太陽のように暖かくて丸くて、明るい生き方です。

これは、日本に生まれたからこその感覚なのです。

日本という国を照らす太陽は、暖かくて丸くて明るいものなのです。

それは、千年も、二千年も続く昔から、変わってはいません。

そして、この平和な時代が、千年も八千年も続きますように、

小さな石が、年月をかけて大きな岩となるまで、

その岩の上に、さらに苔が生えてくるまで、

ずっと、ずっと大切な人が幸せでありますように、

そういう祈りが込められた愛の歌、それが私たちの国歌なのです。

でも、もしかしたら、その想いは、私たちだけではなく。

この地球上で暮らす、生きとし生けるもの全ての祈りかもしれませんね。

この本を通して、白駒妃登美さんが伝えたかった想い、

そして、白駒さんが富山と万葉の歌人に寄せる想い、

そして、本や講演会を通してご縁を繋いだ全ての方への想いが

たっぷりと詰まった講演会でした。

白駒妃登美さん、参加者のみなさま、ありがとうございました。