自分に問いかけながら書く書き方講座(セッション)を始めます。

自分に問いかけながら書く書き方講座(セッション)を開始します。

発信をサポートし始めて、一番最初に気付いたのは、
それぞれの書く文章の表情についてでした。

表情が見える文章もあれば、全く見えない文章もありました。

その次に気付いたのは、それぞれの文章によく使われている言葉や漢字でした。

文章に見える言葉や漢字が、表情となって表れているのだと気付きました。

ところが、書き手の当の本人はあまり気付いていないようでした。

それで、言葉カードを並べて、気になる言葉を拾って貰いました。

言葉を選べる人、選べない人、さまざまな反応がありました。

価値観や感じ方、何が頭に浮かんだのか、それを表情に表したのは、

やはり言葉と漢字だったのだと確信しました。

でも、言葉の選び方や使い方は人の数だけ違います。

言葉カードは体験者が増えるごとに増えていき、

とうとう1000枚を超えました。

同じ言葉でも、職種や環境によって、言い回しも用途も違います。

例えば「お母さん」「ママ」「おふくろ」「かあちゃん」「ババア」(これは問題外)

いつも、母親のことをそう呼ぶ人もいれば、奥さんのことをそう呼ぶ人もいます。

言葉で感情を読むには限界がある、そう感じました。

そこで、もっとシンプルにしたのが、漢字です。

漢字をそれぞれのカテゴリーに分け、一覧表(117診断表)を作成しました。

その中で、好きな漢字、嫌いな漢字、気になる漢字を選んでもらうと、

言葉よりもはっきりと、その人が今思っていることが表情に出てきたのです。

それを本人に問いかけると、本人にも明確に映った様子。

ここで、漢字117診断が確立しました。

でも、それは、表情を写す鏡のようなもの。

それ以上の言葉は出て来ません。

そこで、思いついたのが、

では自分で書いた(選んだ)言葉について、本人に問いかけてみたらどうだろう。

その表情はほころぶのか、曇るのか、歪むのか、輝くのか。

そして、それはどんな言葉で表されるのだろう。

そして、そこに書かれた言葉は、読み手にどんな印象を残すのだろう。

それが、自分に問いかけながら書く書き方講座を考えついた理由です。

ただ、先に記したように、自分の表情は自分では見えません。

そして、気持ちのちょっとした動きも、自分では気が付きにくいです。

また、それも先に記したように、

言葉の持つイメージも、その言葉から連想するモノゴトも人それぞれです。

同じように言葉かけをしても、それぞれの反応があります。

そして、その反応こそがその人のパーソナリティであり、

そこに表された表情がアイディンティティではないか、と考えました。

それを言葉で表現できれば、自分の表情がより明快になっていきます。

そして、明快に書けば書くほど、読み手にも明快に伝わります。

今まで足りていなかった部分を知ることもできます。

これが、問いかけ集を作ろうと思った理由です。

この問いかけ集、すでにセッションでは何回か使用しています。

今年の言葉の化学講座でも使っていました。

参加者や受講者の方からは、

・曖昧にしか書けないところと、はっきりと書けるモノゴトが明確だ。

・なぜ、いまあの頃のことを思い出したのか不思議。

・やっぱりわたしの原点はここにあったのだ。

・これまでの思いばかり書いてしまう。

・夢やきたいすることばかり出てくる。

など、いろいろな反応を耳にしました。

でも、一方で。

・そう問われてもなかなか言葉が出てこない。

・何も思いつかない

そういう、副反応も耳にします。

でも、例えば

「誰に伝えたいですか?」

は、出てこなくても

「お誘いしたい人はいますか?」

と、変えてみると

ある人の顔が脳裏に浮かんだ、ということもありました。

文章を書く人、特に何かを伝えたくてブログを書いている人に、

必要な思考ではないかと思います。

それが、自分に問いかけながら書く書き方講座を開催する理由です。

 

参加方法は簡単

事前にお申込みいただいた方に、ワークシート(問いかけ集)

を送信します。

それに応えていただき、返信していただきます(写真可能)

その応えを読み、次の問いかけ集を送信します。

また、それに応えて送信していただきます。
その応えを読んだあと、言葉の持つ意味やイメージ、

ブログ記事にする方法オンライン(Zoom)でフィードバックをさせていただきます。

一つの問いかけから、また次の問いかけが生まれます。
問いかけていけばいくほど、より明快になっていきます。

講座は、1回きり(単発)でも、連続でも受け付けます。

とりあえず、興味のある方は、問いかけ集サンプル・お申込み方法は、

こちらをご覧ください。

https://wpwpwp.be/wp-content/uploads/2021/10/問いかけて書く講座、お試し版.pdf