わたしも、ずっとブレていた、今も心は揺れ動いている。

わたしも、ずっとブレていた。
今も心は揺れ動いている。

「ブレる」という言葉をよく耳にする。

活動においても、サービスにおいても、

また、思考や行動においても、

「今、ブレているので」ということがある。

ブレるとは、

正常な位置からずれること、

写真をとる瞬間にカメラが動くこと、

態度、考え方、方針などがあれこれと揺れ動くこと、を指す。

わたしたち、考え方、方針などがあれこれと揺れ動いているときに、

ああ、自分はブレているな、と感じるのである。

わたし自身、ずっとブレていた。

あちこち揺れ動いている思考は、今もある。

でも、自分の心の動き、揺れ動く軌跡を眺めてみると、

いつも、ある一定の方向を目指していることにも気づく。

わたしは、ずっと自分の思想を発信することが大切だと思っていた。

だから、WPラーニングを始めた。

でも、発信するためには、心の熱さが必要だと思った。

熱い想いがあるからこそ、発信できるのだと思っていた。

その熱い思いこそ、発信すべきことだと思っていた。

でも、何か一つ、伝えきれていないことがあるような気がしていた。

それは何なのか、ずっと分からなかった。認識していなかった。

発信することに拘っていた。

それよりもずっと手前にある「書くこと」を失念していたのだ。

当然、思考の重心も正常な位置からはずれている。

そのまま積み重ねていけばいくほど、心にも身体にも負荷がかかる。

それから、発信するために書こう、と呼びかけ方を変えた。

わたし自身も、自分の立ち位置をモノ書きと定めた。

定めることによって、思考が定まり、活動が定まり、行動が定まった。

そして、今、またわたしは揺れ動いている。

わたしは、言葉を扱うのか、心を扱うのかで揺れ動いている。

わたし自身、文学にいきたいのか、心理学にいきたいのか、

よく分からない。

でも、これだけは確信できる。

心への理がなくては、わたし自身の文学は完成しないだろう。

またわたしが書き方について学んでこなかったら、

漢字117診断や問いかけて書く書き方講座やダイアリーセラピーを

思いつくこともなかっただろう。

その二つに共通してあるのはやはり「言葉」なのだ。

そして、そう思えるのは、何よりもわたし自身、

常に問いかけ、言葉にして、そして書いてきたからだ。

書けないのは応えられないから。

応えられないのは、思考があちこち揺れているから。

だったら、あちこち揺れている思考一つ一つに

問いかけていけばいい。

書くことで、その思いを確認できる。

そして、書くことで、それは確信へと変わる。

また、揺れている想いの中にある、

自分の真実や理に気づくこともある。

だから、わたしは

ブレていると思っている人にも、

今はブレていないと思っている人にも、

問いかけて書くことを、問いかけて書いてみることを

強く勧めるのである。

 

 

自分への問いかけ集お試し版(PDF)はこちらでダウンロードできます。